育児

新生児の顔にできる赤いブツブツはスキンケアが必要

赤ちゃんの湿疹がひどいと、いつ治るのか心配。

でも、赤ちゃんにステロイドは怖いし、あと少しで検診だし・・・。

悩んでいる間に、どんどん湿疹が増えてひどくなっている。

私の子どもは2人共、生後1ヶ月の乳児湿疹から始まり皮膚トラブルが続きました。

まずは、ホームケアをして、それでも悪化する場合は皮膚科への受診をすすめます。

何より大事なことは、「清潔と保湿をしっかり続ける」ことです。

なぜなら、薬を使うかどうかに関わらず、清潔と保湿は続ける必要があるからです。

私は最初、保湿剤選びに時間をかけていました。

でも結局は、正しいスキンケアをすること、必要な場合はステロイドで治すことが大事だと気付きました。

今回は、スキンケア方法をはじめ保湿剤選びのポイントについてもお伝えします。

子どもの皮膚ケアから学んだこと
  • 乳児湿疹は、清潔と保湿でケアを続けても湿疹がひどくなる場合は病院へ行く
  • 皮膚科の方が薬を細かく使い分けてくれる
  • ステロイドは怖いものではなく、適切に使えば皮膚は良くなる
  • 皮膚は成長と共に丈夫になる

乳児湿疹のスキンケア方法

やさしく洗ってしっかりすすぐ

を使いで洗う。シャワーで洗い流す

ここ大事です。やさしく泡で洗いすすぎ残しがないよう洗い流すこと。

ママ自身が、自分の洗顔をする時と同じです。ゴシゴシしなくても、きめ細かな泡が余分な汚れを落としてくれます。

泡が赤ちゃんの目に入るんじゃないかと思い、顔はガーゼで拭くだけにしていませんか?

大丈夫です。反射で目を閉じるので、やさしくシャワーで流してください。

せっかく綺麗に洗っても、すすぎ残しがあると皮膚トラブルの元です。

初めは泣くかもしれませんが、毎日やっていると慣れてきますよ。

保湿はなるべく早くする

お風呂上がりは、5分以内に保湿する

ママの肌も化粧水をすぐにつけないと、どんどん乾燥してツッパリますよね。

赤ちゃんの皮膚は薄く、もっと敏感です。

なのでなるべく早く、湿疹があるところも含め全身に保湿剤を塗ります。

うるうる~たっぷりぐらいが正解!

量の目安は、人差し指の第一関節まで保湿剤を出したら、大人の手のひら2枚分の皮膚に広げましょう。

市販の石鹸や保湿剤の選び方

保湿剤の選びのポイント
  • 肌が乾燥(カサカサ)している時は、クリームタイプ
  • 肌がしっとり・湿疹が脂っぽい時は、ローションタイプ

市販品は種類も多く、値段もピンキリで悩みますよね。

私は、口コミを調べて高価なものまで使用しましたが、どの保湿剤を使用しても湿疹は治りませんでした。

はら☆ママ

「これを使えば〇週間で肌つるつる!」とか絶対じゃない。

なので、どの製品が良いかではなく、その時の肌質にあったタイプのものを選ぶことが大事。

皮膚科の先生に聞いたおススメの市販品は、キュレルでした↓

また、ワセリンのように皮膚をカバーをすることで、自分の肌の水分を逃がさない保湿剤もあります。

ワセリンは、色が白~半透明のものが純度が高い

赤ちゃんに使う時は、ベビーワセリンか白色ワセリンを選ぶ

洗顔料は、固形石鹸をネットで泡立てる方が、きめ細かい泡ができるのでおススメ。

私は、シャボン玉石鹸を愛用していました。

「無添加、リーズナブル、きめ細かい泡がたつ」の3拍子が揃っています。

シャボン玉石鹸はこちら↓

赤ちゃんの湿疹は小児科?皮膚科?

小児科のメリット
  • 風邪なども一緒に診てもらえる
  • 予防接種などで行く機会が多い
皮膚科のメリット
  • 薬を細かく使い分けてくれる
  • 皮膚全般に関しては小児科より詳しい

小児科の場合、保湿剤とステロイドの2点セットで処方される、またはステロイドとワセリンを混合して処方されることが多いです。

また、風邪で来院している子も多いので感染のリスクがあります。

それに対し皮膚科は、基本的に風邪の人はいません。

薬は、顔と身体で処方を分ける、季節や皮膚の乾燥具合でクリームタイプへ変更してくれるなど、より細かく使い分けてくれます。

皮膚トラブルの始まりは、どちらの病院でも大丈夫。

全身に広がる湿疹がひどい、薬を使っても数ヶ月以上続く湿疹の場合は「皮膚科」が良い

また、良い皮膚科は混んでいます。

赤ちゃんの場合、母親の話しだけで処方するのではなく、きちんと肌の状態を診てから薬を選ぶ先生を探しましょう。

医師が必要と判断したらステロイドを使う

赤ちゃんにステロイドって大丈夫?皮膚が黒くなるって聞くなど、怖いイメージをもっていませんか?

怖いからと言って自己判断でやめる、極少量だけ時々塗るなど自己判断で使うことの方が怖いです。

ステロイド外用薬の使用で皮膚に色素沈着(黒ずんだ色調になること)が起こるのではないかと心配される方も多いのですが、これは薬剤の副作用ではなく皮膚の炎症が長く続いたことによるもので、湿疹の治療により改善します。

引用元:アトピー性皮膚炎 | 国立成育医療研究センター (ncchd.go.jp)

医師は湿疹の状態を診て必要な薬を処方するので、指示通りに使いましょう。

実際、私の子どもは生後1ヶ月から4年半以上ステロイドを使用していますが、皮膚は黒くなっていません。

不安な場合は、医師に相談するのが一番です!

まとめ

赤ちゃんの乳児湿疹は、まずは優しく泡で洗って流す、なるべく早く保湿するケアを続けましょう。

それでも湿疹が悪化する場合は、病院へ行き医師の指示通りに薬を使うことが大事。

肌質は人それぞれ、口コミが高い、値段が高い商品が良いとは限りません。

皮膚は成長と共に丈夫になっていくので、信頼できる医師を見つけてケアを続けていくことが皮膚が良くなる近道です。

皮膚ケアは大変ですが、共に頑張りましょう!

以上、はら☆ママでした~