育児

女の子のトイレトレーニングは、拭き方を教えて膀胱炎を防ぐ【押さえ拭きのススメ】

女の子のトイレトレーニングを進める中で、拭き方を教えるのが難しいと感じませんか?

きちんと拭けないと赤くかぶれたり、何より膀胱炎にならないか心配ですよね。

前から後ろ?上から下?

でも子どもにとっては、この表現だと分かりにくいです。

実際、前から後ろに拭くよう教えたら、ゴシゴシ拭きになっていました。

そして私の娘は、3才の時に膀胱炎になりました。

きちんと拭けるようになるためには、伝え方を工夫することが大事です。

2~3才の子どもにも分かる表現で伝える

この記事では、娘の膀胱炎から学んだ伝え方の工夫と、膀胱炎のサインをお伝えします。

トイレトレーニング中に正しい拭き方を習得することで、膀胱炎を防ぐことにつながりますよ。

トイレトレーニングの最終段階で拭き方を教える

初めてのチャレンジ中。覚えることが多いなか、始めから拭き方まで教えると子どもは混乱します。

最初の頃は、トイレで出来たら親が仕上げ拭きをしましょう。

子どもが自分で尿意を伝え、トイレへ行く。漏らさずに出来る状態になれば、最終段階です。

あとは、自分で下着の脱ぎ着や拭き上げができれば完了。

この最終段階まできたら、拭き方を教えましょう。

伝え方を工夫する

はら☆ママ

ポンポン」と優しく押さえてね

押さえて1・2・3でポイっ!

膀胱炎の原因になる拭き方は、ゴシゴシと前後に擦ることです。

なぜなら、不潔な菌が尿道につくからです。

子どもに「前から後ろに拭いてね」と言うと、「どっちが前?」と聞き返されました。

確かに、どこが前なんだ?って思いますよね。

また、この頃の子どもは何でも興味がある時期。

なぜ?どうして?と疑問がたくさん。

なぜ、ゴシゴシ拭いてはいけないのかを伝えることも大切です。

はら☆ママ

ゴシゴシすると「ばい菌」がくるから、ポンポンだよ!

また、押さえる時間は?という疑問がある場合は、「押さえたまま1・2・3と数えて捨てよう」など、具体的に伝えると分かりやすいですね。

私たち大人も初めて何かをやるとき、どれくらい?いつ?など色々気になります。

子どもも同じです。トイレットペーパーの長さは?なぜ押さえるの?など、疑問がいっぱい。

その疑問に分かりやすい言葉で答えることで、子どもなりに理解して習得が進みます。

うんちが出た時は後ろから拭く

お尻に手が届く年齢になったら始める

体格にもよりますが、娘の場合は4才頃になるとお尻に手が届くようになりました。

それまでの間は、親が仕上げ拭きをしましょう。

子どもに任せると、手が届きやすいので股の間から手を入れて拭きがちです。

トイレの度に付きそうのは大変ですが、女の子の場合は拭き方の確認や仕上げ拭きを徹底しましょう。

膀胱炎のサイン

女性の場合は、男性と比べると尿道が短いので、バイ菌が中に入りやすいです。

そのため、大人だけでなく子どもでも膀胱炎になりやすいです。

膀胱炎の診断は、尿検査など病院での診察が必要。

膀胱炎のサイン
  • おしっこを痛がる
  • 何度もトイレにいく(頻尿)
  • お腹が痛い

この症状があるのに放っておくと、発熱や嘔吐など症状が悪化していく可能性があります。

気になるサインがある時は、病院へいきましょう。

おしっこを痛がる

この場合は、皮膚がかぶれて痛がっていることもあります。

まずは股を広げて見て、赤くなっている時はかぶれている可能性が高いです。

塗り薬で改善するので、小児科か皮膚科へいきましょう。

娘はゴシゴシ拭いていた、もともと皮膚がデリケートなこともあり、よくかぶれます。

何度もおしっこにいく(頻尿)

頻尿だから膀胱炎と決まるわけではありませんが、膀胱炎のサインです。

10分前にトイレにいったばかりなのに、またトイレ?という感じで、頻尿になります。

心理的な要因で頻尿になることもありますが、気になる時は病院を受診しましょう。

お腹が痛い

膀胱炎だと下腹部が痛むことがあります。

実際、娘は頻尿と腹痛のサインがあったので病院へ行くと膀胱炎でした。

まとめ

女の子のトイレトレーニングを進める中で、最終段階まできたら拭き方を教えましょう。

前から後ろに拭くよう教えるのではなく、押さえるよう伝えることでゴシゴシ拭きを防ぐことができます。

押さえ拭きが習得できると、膀胱炎だけでなく皮膚かぶれやペーパーカスが付くのを防げます。

子どもは、なぜ?が無くなることで早く習得できます。

ポンポンや3秒数えるなど、分かりやすい言葉で伝えましょう。

以上、はら☆ママでした~